豊富な
湯量だからできる
源泉かけ流し

温泉

2つの源泉の掛け流しからの
まるやかな肌ざわりのなごみ湯で
潤う秋田美人肌がつくられます。
木々の間から見える日本海は
半島をわたる爽やかな風とともに、
ゆったりとした時間へとあなたを
いざないます。

女湯 露天風呂

お庭を眺めながら、爽やかにすっきりとした気分になれます。お湯は源泉「鹿の湯」(男鹿市北浦湯本字芦の沢)
信楽焼の壺風呂は、朝日・夕日の茜色と海の碧をイメージした二色のコントラストが優しく癒しのスペースに。

女湯 内風呂

肩を流れるまるやかな肌ざわりの「なごみ湯」で、あなたの美が蘇り、潤う秋田美人肌がつくられます。障子に見立てた格子が和モダンな雰囲気を演出し、木のぬくもりを感じられます。

木のぬくもりを感じられる
個人シャワーブース

男湯 露天風呂

木々の間から見える日本海は半島をわたる爽やかな風とともに、ゆったりとした時間へとあなたをいざないます。

男湯 内風呂

開放感ある景色のなかで、あふれる透明な「なごみ湯」に身を沈めると、こころもからだも癒されます。

疲れを忘れる、
おもてなしの空間

『パウダールーム』
ご婦人専用のパウダールームで、お肌のお手入れなど、ご自分だけの優雅な湯上りリラックスタイムをお過ごし下さい。
『湯上り処』
世界遺産白神山地を望む雄大な景観をご覧いただけます。景色に癒されぽかぽかの体を休める。最高の時間です。

~ 男鹿温泉郷 ~
坂上田村麻呂が東征の折に発見し、江戸時代の秋田藩主・佐竹のお殿様も好んで入浴したと云われる湯本温泉や、明治後半に発見された石山温泉を中心に、大正時代には湯治場として庶民に親しまれてきた男鹿温泉。昭和20年代後半から30年代にかけて温泉宿が建設され、いまの男鹿温泉郷が形成されてきました。いまでは秋田の奥座敷として、また、男鹿を代表する宿泊地として親しまれております。

湯量は豊富で、「ナトリウム塩化物泉」という泉質は海水の成分に似た食塩を含み、肌に付いた温泉成分が発汗を防ぎ、保温効果が高まるため、湯冷めしにくく、よく温まる「熱の湯」とも呼ばれ、親しまれています。

~ 温泉分析表 ~
塩分、カルシウム、鉄分が多いため、実は管理するのがとても大変です。
だからこそ毎日、洗い場だけでなく、お庭のお花まで気を配り、お掃除しております。
手のかかる温泉なだけあって、効能はたくさん!
きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病 などに効果があると言われています。

内湯
石山温泉
泉質
低張性中性高温泉
泉温
55.5℃
浴用適応症
リウマチ性疾患、運動器障害、虚弱児童、更年期障害
   
露天風呂
鹿の湯温泉
泉質
ナトリウム塩化物泉
泉温
49.2℃
浴用適応症
きりきず、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
禁忌症適応症及び入浴上の注意
   
禁忌症
一般的禁忌症に同じ
温泉の一般的禁忌症(浴用)
急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)
療養泉の一般的適応症(浴用)
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消火器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
入浴の方法及び注意
温泉療養を始める場合は、入浴回数を1日あたり1回が好ましいが2回から3回までにすること。始めは3分ないし10分程度とし、なれるにしたがって延長してもよい。温泉の温度は、原則40度からが好ましく42度以上を禁忌とする。