男鹿のとれたて最新情報h1 背景サンプル

「男鹿駅」~“すみよしよしえ”サンのネイチャークラフト“クリスマスver.”

2017/11/22 水曜日16:24:54

いつもJR「男鹿駅」に展示して頂いている、男鹿のネイチャークラフト作家〝すみよし よしえ〟サンの作品が〝クリスマスバージョン〟になっていました(^^)/

いつも作品を前にホッコリ、ニッコリなってしまう可愛らしい作品です。

ステキな作品を有難うございます(^^)

「なまはげ館」と「真山伝承館」前売りチケット、ありますョ!

2017/11/21 火曜日15:21:07

11月も中旬を過ぎ、そろそろ年末に向けた準備を始めている方もいらっしゃるかと思います。

男鹿半島の年末といえば…「なまはげ行事」。〝泣ぐ子いねがぁーっ!〟のフレーズはあまりにも有名かと思いますが、ただ、ただ怖いだけではなくて、大声を出して廻る事で一年の邪気を祓い、翌年が良い年であるようにと願いが込められているんですョ。

当ホテルでは、〜11月30日迄、真山地区にある「なまはげ館」と「真山伝承館」の前売りチケットがセットになったお得なプランがございます。
是非、どうぞ‼︎
(※「真山伝承館」は12月〜3月迄の間は土日、祝日のみの開講となります。「なまはげ館」は年中無休ですョ)

今日の“八望台”より

2017/11/20 月曜日17:16:14

今日の「八望台」からの風景。

昨日、今日と今年一番の寒さのようです。

男鹿半島にも初雪が降りましたが、まだ積雪するほどではありません。

遠くの森吉山にうっすらと雪がかぶっているのが見えています。

「なまはげ直売所」“収穫感謝祭”あるョ!

2017/11/17 金曜日18:55:05

当ホテルからも近い「なまはけ直売所」で、今度の日曜日、19日に〝収穫感謝祭〟があります。

地元のお母さんたちが作ったお野菜、加工品が並びますョ。

また、当日はお店で〝もぢっこ〟や温かい味噌汁も、こへでる(作ってる)そうです(^^)

「囲炉裏ラウンジ ゆり」のブランケット

2017/11/16 木曜日20:19:50

秋田、男鹿半島でも、いよいよ〝初雪〟が降りました(^^)

例年よりも少し遅いらしいですが、直ぐには積雪とはならないと思います。

ただ、これからの季節は朝、晩と冷え込みが厳しくなりますので、皆様もお気を付けて男鹿半島ドライブをお楽しみ下さいませ。

当ホテルの「囲炉裏ラウンジ ゆり」でもブランケットをご用意しております。

膝掛けなどご自由にお使い頂きながら、ごゆっくりとお寛ぎ下さいませ。

五風「なまはげ壁掛け作り体験」

2017/11/15 水曜日16:54:24

今度の11月19日(日)は〝なまはけ伝道士 認定試験〟がありますが、男鹿温泉郷では協賛企画として、11月18日(土)〜20日(月)までの3日間、〝なまはげ壁掛け作り体験〟がお一人様(@800円→)@500円に割引となりますョ〜‼︎

この機会に是非、〝なまはげ愛〟を深めてみませんか(^^)

「男鹿水族館GAO」“豪田クン”、もう少しでバースデー♪

2017/11/13 月曜日14:50:39

11月26日は、「男鹿水族館GAO」の白クマ〝豪太クン〟のお誕生日です。

14歳になります♪

当日は「男鹿水族館GAO」でもお誕生日会がありますが、〜12月26日までは〝豪太バースデー月間〟により、水族館内レストラン「フルット」で期間限定〝豪太焼印付き〜バニラアイス添え〜ホットケーキ(ドリンクバー付き)〟がありますョ〜(^^)/

「五風なまはげ太鼓ライブ」、本日、千秋楽!!

2017/11/11 土曜日15:47:05

男鹿温泉郷の地域特別イベント「五風なまはげ太鼓ライブ」、本日がシーズン公演の最終日となります‼︎

迫力アリアリ(^^)/の和太鼓ライブを是非、ご覧下さいませ‼︎

当ホテルからは午後8時以降〜、随時、往復無料送迎をしております。

ライブ公演は午後8時30分〜となります。

“ひとりぼっちのイチョウの木”

2017/11/10 金曜日15:40:25

当ホテル敷地内にある「ひとりぼっちのイチョウの木」良い秋色に染まってます(^^)

男鹿半島で獲れる季節の海の幸、山、里の恵み、旨い地酒、里山の風景…深まりゆく〝秋〟を感じます。

「カフェ ブレンナー」さん“イーゲル”

2017/11/8 水曜日15:36:14

当ホテルからはお車で約30〜40分位、潟上市天王にある「カフェブレンナー」さんです。

珈琲の名店「バッハ」系列のお店で自家焙煎の珈琲は間違いない美味しさです。

久々におじゃましたら、とてもカワイイお菓子を発見しました(^^)

オーストリアでは伝統的なお菓子でハリネズミの形をしたチョコスポンジのお菓子「イーゲル」というそうです。

お店のマダムが実際にオーストリアで学んできて、手作りしているそうです。

全て手作りなのでお顔の表情も一つひとつ違います。

中にはカワイ過ぎて目が合うと食べられない女子もいるとか(^^)

濃いめの深煎り珈琲と合わせると美味しさ倍増です。